逮捕や懲役の刑期でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 無料法律相談

無料法律相談

当事務所では、逮捕された方のご家族からの無料法律相談を受け付けております。
「逮捕や刑事裁判の流れがよくわからない」「これからどうなるのか不安だ」「警察や被害者にどのように対応したらよいのかわからない」― そのようなお悩みを抱えている方専用の無料法律相談です。刑事事件、刑事裁判についてご不明な点をぜひこの機会にお気軽におたずねください。  

無料法律相談は対応できる数に限りがございますので、相談時間は30分、申し込みは事前予約制となっております。
まずはスケジュールの調整を行いますので0120-631-276までお電話ください。

無料法律相談の概要

対象者

 ① 逮捕された方の法定代理人 → 親権を有する父親または母親
 ② 逮捕された方の配偶者   → 民法上の婚姻関係にある夫または妻
 ③ 逮捕された方の直系の親族 → 祖父祖母息子
 ④ 逮捕された方の兄弟姉妹  → 
 のいずれかに該当する方。

非対象者

 (有料) 親権を有さない父親または母親
 (有料) 内縁関係にある夫または妻
 (有料) 婚約者、恋人、友人、同僚

相談事項

 逮捕された場合の対応策、刑事事件・刑事裁判の手続きについて

相談時間

30分

相談料

 無料0円(対象者のみ。その他は有料です)

ご注意事項

 先着順にてお申込を承りますので、定員を上回った場合はご希望に沿えない場合がございます。
 事件の見通しや証拠隠滅の助言など、内容によっては承れない場合がございます。

お申込方法

 まずはスケジュールの調整を行いますので0120-631-276までお電話ください
 担当の者が対応いたしますので、「家族が逮捕されたこと」「家族の逮捕に関連して法律相談を受けたいこと」をお申し付けください。

法律相談のポイン

効果的、効率的な法律相談を受けるためには、次の3つの事項を守ることが大切です。

その1 相談内容はコンパクトに!

法律相談は人生相談ではありません。相談に費やすことのできる時間は限られています。弁護士と会う前に「どのような事態が生じて、どのような結果になったのか」という事件の要点をコンパクトにまとめてください。

(チェック項目)

□事件の概要 → いつ、どこで、誰が、何を、どうしたか
□事件の経緯 → なぜ事件が起こったのか、どのように事件は起こったのか
□事件の結果 → 逮捕はされたのか、勾留はされたのか、取調べは受けたのか

その2 相手の言い分を考えて!

通常、刑事事件には被害者がいます。被害者の側からみればこの事件はどのような事件に見えるのか、その点をしっかりと考えることが効果的な法律相談のためには不可欠です。相手の立場に立って事件を見直すことで事件の本質が浮き彫りになり、真相に即した迅速な対応が可能となります。

(チェック項目)

□被害者の被害 → 被害の程度、額、内容、態様など
□被害者の思い → 被害感情は強いか、示談に応じる気はあるか
□被害者の行動 → 被害届は提出しているか、告訴状は提出しているか

その3 無理なものは無理とわきまえる

法律は何人も曲げることができません。弁護士にできることは、法律を曲げることではなく、警察官や検察官には発見できない被疑者に有利な事情を見つけ出し、これを捜査機関や裁判官に説明することです。黒を白にするのが弁護士の仕事なのではなく、白を白と発見し説得的に説明するのが弁護士の仕事なのです。

(チェック項目)

□弁護士にウソを言わない → 弁護士としても適切なサポートができません
□証拠隠滅をしない     → 物証を隠したり、目撃者を脅迫したりすることは犯罪です

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

麻薬事件のよくある相談

麻薬事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

覚醒剤・大麻等の麻薬事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間受付のフリーダイヤルだけでなく、LINEで相談窓口を設け土日や夜間でもで無料相談を実施しています。ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。(回答までお時間をいただくことがある点をご了承ください)

麻薬事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

麻薬事件のよくある相談

麻薬事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

覚醒剤・大麻等の麻薬事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間受付のフリーダイヤルだけでなく、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

麻薬事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)