逮捕や懲役の刑期でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 2.弁護士の業務分野

2.弁護士の業務分野

弁護士の業務分野は?

弁護士の業務分野は多岐にわたります。上場大企業を依頼者とする国際的分野から、離婚・相続・親子の問題まで、その幅は広くさまざまです。

弁護士の業務分野≫

民事事件

不動産

不動産取引一般 借地借家 建築紛争 欠陥住宅 マンション法に関する紛争

事 故

交通事故 医療事故、医療過誤 その他の事故(学校事故等)

消費者

欠陥商品 製造物責任 証券被害 先物取引被害 詐欺商法 マルチ商法 過量販売等

家 事

離婚 親権(親子関係) 遺言、相続 家庭内暴力 子供の権利 高齢者・障害者の問題

生 活

境界線、騒音、その他の近隣関係の紛争 環境公害問題 薬害

金 銭

金銭貸借(保証を含む) 多重債務(債務整理・個人破産・個人再生を含む) 保険

商 事

会社法一般 株主代表訴訟 M&A・企業再編 事業承継 個人情報 契約法 商取引

知的財産

特許法 実用新案法 意匠・商標法 不正競争防止法 著作権法 エンタテイメント法

IT関連

IT関連紛争

労 働

労働事件 労災事故 セクハラ、パワハラ 公益通報者の支援

渉 外

国際的商取引

海事航空

海事一般(船舶事故を含む) 航空事故

犯罪被害

民事介入暴力 犯罪被害者の支援

行政事件

生 活

行政紛争 公的年金 生活保護 税務訴訟 行政・自治体の法務

外国人

国籍、ビザ、出入国 難民問題 その他の外国人の人権

刑事事件

一般刑事 経済事犯 少年事件 心神喪失者付添

弁護士に得意分野はあるの?

弁護士は法律の専門家であり、建前としては法律問題であればどのような問題でも扱うことが可能です。しかし、現代の複雑化した社会においては、時間的にも、能力的にも、すべての事案を同等に取り扱うことは不可能です。

資格的にはあらゆる法律問題を扱うことが可能な弁護士ですが、やはり内科医が外科手術に不慣れなのと同様、その経験に伴って得意、不得意な分野が形成されているのが現状です。弁護士に事件を依頼する際には、依頼する弁護士の得意分野を見極めることが大切といえます。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

麻薬事件のよくある相談

麻薬事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

覚醒剤・大麻等の麻薬事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間受付のフリーダイヤルだけでなく、LINEで相談窓口を設け土日や夜間でもで無料相談を実施しています。ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。(回答までお時間をいただくことがある点をご了承ください)

麻薬事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

麻薬事件のよくある相談

麻薬事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

覚醒剤・大麻等の麻薬事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間受付のフリーダイヤルだけでなく、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

麻薬事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)