逮捕や懲役の刑期でお悩みの方へ

子どもが逮捕されました。どうしたらいいでしょうか。

最高裁判所の回答

逮捕されますとまず親族等への通知がなされます。その通知を受けたときに、本人がどこに留置されているか聞いて、なるべく早く面会に行くことをお勧めします。逮捕が初めてなどの場合、特に不安だと思いますので、誰かが面会に来て話をするというだけでも心理状態が安定します。ただ、場合によっては、面会禁止という制限が付けられているかもしれませんし、また、取り調べや現場確認等に出ていることがありますので、行く前に留置場にいるかどうか警察の留置係に確認すると無駄になりません。面会禁止になっている場合には、日用品の差し入れだけでも済ませるとよいでしょう。面会には係官が立ち会います。また、時間も15分程度に制限されることがあります。なお、面会を法律用語では「接見(せっけん)」と読んでいます。ですから、面会禁止を「接見禁止」と言います。

当事務所による解説

ここでは、代表例として東京拘置所で家族面会を行う方法について説明します。
東京拘置所 〒124-0001東京都葛飾区小菅1-35-1
電話:03-3690-6681 
東武伊勢崎線「小菅」駅下車:面会入口まで徒歩約10分
営団千代田線「綾瀬」駅下車:面会入口まで徒歩約15~20分
午前の面会受付 午前8時30分~11時30分まで
午後の面会受付 午後0時30分~4時まで
1日、1人の人に、3人で会うことができます。1日1回、1人の獄中の人にしか面会できません。獄中の人も一般の面会は1日1回しか認められていません。したがって、誰か先に面会していると、後から申し込んだ人は窓口でその旨告げられて認められません。どうしてもその日に会う必要がある場合には手紙等で事前に本人に予約しておきましょう。面会室には3人までいっしょに入れます。0歳~2歳の乳幼児は人数に含まれません。
なお、面会禁止の接見禁止処分が付されている場合には、家族であっても被疑者と面会することはできません。その場合は、弁護士を選任し、弁護士に連絡事項を伝えてもらうよう手配する必要があります。

(参照条文)
刑事訴訟法39条
1 身体の拘束を受けている被告人又は被疑者は、弁護人又は弁護人を選任することができる者の依頼により弁護人となろうとする者(弁護士でない者にあつては、第三十一条第二項の許可があつた後に限る。)と立会人なくして接見し、又は書類若しくは物の授受をすることができる。
2 前項の接見又は授受については、法令(裁判所の規則を含む。以下同じ。)で、被告人又は被疑者の逃亡、罪証の隠滅又は戒護に支障のある物の授受を防ぐため必要な措置を規定することができる。
3 検察官、検察事務官又は司法警察職員(司法警察員及び司法巡査をいう。以下同じ。)は、捜査のため必要があるときは、公訴の提起前に限り、第一項の接見又は授受に関し、その日時、場所及び時間を指定することができる。但し、その指定は、被疑者が防禦の準備をする権利を不当に制限するようなものであつてはならない。

刑事訴訟法81条

裁判所は、逃亡し又は罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるときは、検察官の請求により又は職権で、勾留されている被告人と第三十九条第一項に規定する者以外の者との接見を禁じ、又はこれと授受すべき書類その他の物を検閲し、その授受を禁じ、若しくはこれを差し押えることができる。但し、糧食の授受を禁じ、又はこれを差し押えることはできない。

お問い合わせQ&A

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

麻薬事件のよくある相談

麻薬事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

覚醒剤・大麻等の麻薬事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間受付のフリーダイヤルだけでなく、LINEで相談窓口を設け土日や夜間でもで無料相談を実施しています。ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。(回答までお時間をいただくことがある点をご了承ください)

麻薬事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

麻薬事件のよくある相談

麻薬事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

覚醒剤・大麻等の麻薬事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間受付のフリーダイヤルだけでなく、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

麻薬事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)