逮捕や懲役の刑期でお悩みの方へ
  • HOME »
  • アトム弁護士事務所の特徴は?

アトム弁護士事務所の特徴は?

アトム弁護士事務所の特徴

  • 特徴1 刑事事件に特化した弁護士であること

アトム法律事務所は、平成20年に「刑事事件だけを取り扱う弁護士事務所」というコンセプトで誕生した法律事務所です(※現在は民事も可)。開業以来、新宿、北千住、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡と弁護活動の拠点を増やし、全国の刑事事件を取り扱ってきました。通常身柄解放が難しい麻薬事件で早期の身柄解放を実現した事例も数多くあります。そして、アトムでは、各弁護士が弁護活動を通して修得したノウハウを独自のデータベースに集積して、アトムの弁護士が参照できるようにしています。

そのため、麻薬事件などの刑事事件を起こしてしまったとき、アトムに相談をすると、過去の事例に基づいた的確なアドバイスを受けることができます。単なる使用所持か製造販売を疑われているのかといった事例ごとの対処法や、重い刑罰を避けるために取りうる手段を弁護士に聞くことができます。

刑事事件弁護の経験豊富なアトムであれば、警察や検察・裁判所に対してスピーディーで的確な対応が行えますので、安心してお任せください。

  • 特徴2 麻薬事件弁護の実績と経験が豊富であること

麻薬事件は有罪になれば懲役刑になり、また一般的に証拠隠滅の可能性などから身柄解放が難しいとされています。しかし、刑事事件に特化してきたアトムは懲役刑になっても刑務所に入らずに済む執行猶予や、起訴前・起訴後の身柄解放を獲得してきた実績が豊富にあります。

さらに全国で一元的に管理しているデータベースにアクセスすれば、あなたとよく似た事件を発見し、過去のデータにもとづいて最適な弁護活動を組み立てることが可能です。

全国各地に支部事務所を有し、月1500件を超える新規のお問い合わせに対応しているアトムであればこそできる対応です。

  • 特徴3 24時間365日スタッフの直接対応を受けられること

刑事事件を中心的に取り扱うアトム法律事務所は、24時間365日体制の窓口を設けています。土日や深夜でもスタッフから直接対応を受けることが可能です。麻薬事件であれば、夜中に急に困ったことになるケースも多いです。深夜未明であっても事務所にスタッフが常駐しているため、いつでもお電話ください。

また、24時間365日体制であるため、事件を依頼した後も安心です。麻薬事件の場合は、警察から急に呼び出しがかかり(または警察が突然家にやって来て)そのまま逮捕されてしまうケースも少なくありません。そのような場合でも、事務所フリーダイヤルに電話をかければ、スタッフと直接話しをすることができるため、緊急事態をいち早く弁護士に伝えることが可能です。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

麻薬事件のよくある相談

麻薬事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

覚醒剤・大麻等の麻薬事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間受付のフリーダイヤルだけでなく、LINEで相談窓口を設け土日や夜間でもで無料相談を実施しています。ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。(回答までお時間をいただくことがある点をご了承ください)

麻薬事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

麻薬事件のよくある相談

麻薬事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

覚醒剤・大麻等の麻薬事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間受付のフリーダイヤルだけでなく、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

麻薬事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)