逮捕や懲役の刑期でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 弁護士に依頼するメリットは?

弁護士に依頼するメリットは?

弁護士に依頼するメリットは

覚醒剤・麻薬・大麻などの薬物犯罪で警察から捜査を受けている、または逮捕されたという場合、刑事専門の弁護士に依頼することが大切です。最善の結果を出し、元の生活に戻れるよう全力を尽くします。

  • 薬物事件を弁護士に依頼するメリットは何ですか?

覚醒剤・麻薬・大麻などの薬物事件は、証拠隠滅のおそれが大きく、警察に逮捕されることが多い犯罪です。

逮捕されてしまった場合、朝から夜まで捜査機関の取調べを受けることもあり、一般人が平常心で対応することは大変な困難を伴います。

逮捕された本人の心配や不安は想像を絶するものですし、心理的な極限状態から、やっていないことをやったと供述してしまったり、話す必要のないことまで何もかも話してしまったりするというようなことも少なくありません。

そんなときに、本人の唯一の頼りになるのが弁護士の存在です。アトム法律事務所の弁護士は薬物事件を数多くこなし、捜査機関の意図や、今後の手続や処分の見込みを的確に把握することが可能です。

豊富な経験多くのノウハウに裏づけられた弁護士に依頼することで、孤独な対応を強いられていたご本人の心理的不安が解消します。

適切な捜査対応をすることで、必要以上に長期の身柄拘束を受けずに済むことも少なくありません。初犯であれば、執行猶予を獲得することで懲役の実刑を受けずに済むことも多いです。

薬物事件では、弁護士に依頼することで、早期釈放や、実刑を避けるという大きなメリットを受けることができることがあります。

アトム法律事務所は、本人が逮捕中の家族からの相談は無料で対応し、その他の相談についてもLINEで24時間無料相談に対応しています。

  • 薬物事件で不起訴になる可能性は?

薬物事件の中にも、輸入・製造・所持・譲渡・譲受け・自己使用など、様々な類型の犯罪があります。

この中でも件数として多いのが、薬物の所持自己使用での立件です。所持は、薬物の存在自体から明らかな場合が多く、自己使用は尿検査の結果などから客観的証拠があることがほとんどだからです。

薬物の所持・自己使用で立件された場合、犯罪の成立が明らかであれば、不起訴になるのは難しいのが実情です。

しかし、薬物の所持については、他人との共同所持が疑われることも多く、適切な捜査対応をすれば、嫌疑不十分を理由に不起訴になることもあります。

薬物事件について身に覚えがないのに、容疑をかけられたという場合は、嫌疑不十分での不起訴の獲得を目指して適切な対応をする必要があります。

  • 薬物事件で保釈はできますか?

薬物事件でも、保釈の要件を満たせば保釈されることは十分可能です。ただし、保釈されるためには、裁判所に保釈金を納める必要があり、最低でも150万円~200万円程度かかることが一般的です。

薬物事件で起訴されたが、保釈されたいという場合には、早期に弁護士にご依頼ください。迅速に保釈を申し立て、ご本人の早期釈放を実現します。

  • 薬物事件で執行猶予を獲得するためには?

薬物事件でのポイントは、執行猶予を獲得できるかどうかという点です。懲役の実刑になれば、長期間刑務所に入ることになりますが、執行猶予が付けば、無事に期間が経過しさえすれば刑務所に入らなくて済むからです。

薬物事件では、再犯の可能性がないことをいかに裁判官に説得的かつ分かりやすく説明し、納得してもらえるかが大切です。

そのためには、ご本人の今後の社会復帰への強い意志だけでなく、医療機関への通院や、薬物の専門施設への入所などが必要なことも多いです。

薬物事件のノウハウが豊富な弁護士に依頼することで、裁判の期日までにご本人の周囲の環境調整を支援し、執行猶予を獲得できる可能性を高めることができます。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

麻薬事件のよくある相談

麻薬事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

覚醒剤・大麻等の麻薬事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間受付のフリーダイヤルだけでなく、LINEで相談窓口を設け土日や夜間でもで無料相談を実施しています。ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。(回答までお時間をいただくことがある点をご了承ください)

麻薬事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

麻薬事件のよくある相談

麻薬事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

覚醒剤・大麻等の麻薬事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間受付のフリーダイヤルだけでなく、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

麻薬事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)