痴漢に強い弁護士

4.MDMA、LSD、その他(執行猶予例)

「MDMA所持で捕まってしまい、起訴されているが実刑を免れることはできるのか」「執行猶予になった実例を知りたい」

MDMAをはじめとする薬物に関係する事件で起訴されてしまい、執行猶予にしてほしいとお考えの方へ。このページでは、過去の麻薬事件の裁判において執行猶予になったケースについて紹介しています。

覚醒剤事件に強い弁護士に相談して、執行猶予を獲得し、事件を早期解決しましょう。

CASE1

有罪判決:懲役1年(執行猶予3年)

MDMA:使用

池田さん(仮名)は、自宅で、MDMA1錠を飲料水で飲用した。

CASE2

有罪判決:懲役 1年2ヶ月 (執行猶予3年)

コカイン:所持

被告人は、愛知県内に停車中のタクシー内において,コカイン塩酸塩を含有する粉末0.984グラムを所持した。

CASE3

有罪判決:懲役1年6ヶ月(執行猶予3年)

LSD:輸出入

被告人は、氏名不詳者らと共謀の上オランダ王国所在の郵便局において、LSDを含有する紙片約1.8グラムを隠匿した郵便物を、日本に発送した。

CASE4

有罪判決:懲役1年6ヶ月(執行猶予3年)

コカイン:使用

被告人は、コカイン又はその塩類を含有する粉末若干量を1000円札を丸めて筒状にしたものを用いて鼻から吸引し、もって麻薬を施用した。

CASE5

有罪判決:懲役3年(執行猶予5年)

ヘロイン、コカイン:輸出入、所持

被告人は氏名不詳者らと共謀の上、イギリスの郵便局においてヘロイン粉末約0.98グラム、MDMAの結晶約6.99グラムを隠し入れた通常郵便物1個を日本に発送しようとした。また、同年にヘロイン粉末約0.073グラム、コカイン塩酸塩を含有する粉末約6.534グラムを所持した。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談