痴漢に強い弁護士

3.大麻 (執行猶予例)

「大麻所持で捕まってしまい、起訴されているが実刑を免れることはできるのか」「執行猶予になった実例を知りたい」

大麻に関係する事件起訴されてしまい、執行猶予にしてほしいとお考えの方へ。このページでは、過去の大麻事件の裁判において執行猶予になったケースについて紹介しています。

覚醒剤事件に強い弁護士に相談して、執行猶予を獲得し、事件を早期解決しましょう。

CASE1

有罪判決:懲役6月(執行猶予3年)

大麻:単純所持(0.5グラム)

松本さん(仮名)は、自宅で、大麻草0.5グラムを所持していた。

CASE2

有罪判決:懲役10月(執行猶予3年)

大麻:単純所持(0.5グラム)

清水さん(仮名)は、パチンコ店の駐車場で、大麻草0.5グラムを所持していた。

大麻:単純所持(2グラム)

林さん(仮名)は、自宅で、大麻草2グラムを所持していた。

大麻:単純所持(3グラム)

山口さん(仮名)は、停車中の自動車の中で、大麻草3グラムを所持していた。

大麻:単純所持(4グラム)

長谷川さん(仮名)は、自宅で、大麻草4グラムを所持していた。

CASE3

有罪判決:懲役1年2月(執行猶予3年)

大麻:密輸入(7グラム)

石川さん(仮名)は、インド・チャトラパティ・シヴァジー国際空港から成田国際空港に、大麻草7グラムを巾着袋に隠して持ち込んだ。

CASE4

有罪判決:懲役1年6月(執行猶予3年)

大麻:密輸入(9グラム)

ウィリアムさん(仮名)は、タイ王国バンコク国際空港から成田国際空港に、大麻樹脂9グラムをコンドームで包んだ上、ズボンのポケットに隠して持ち込んだ。

大麻:密輸入(9グラム)

内田さん(仮名)は、アメリカ合衆国ニューアーク国際空港から成田国際空港に、大麻草9グラムをチャック付き透明ビニール袋で2包に小分けした上、上着のポケットに隠して持ち込んだ。

CASE5

有罪判決:懲役2年(執行猶予3年)

大麻:密輸入(12グラム)

岡田さん(仮名)は、アムステルダム・スキポール国際空港から成田国際空港に、大麻草9グラムと大麻樹脂3グラムをチャック付き透明ビニール袋で4包に小分けした上、靴下や靴底に隠して持ち込んだ。

大麻:密輸入(12グラム)、単純所持(6グラム)

小川さん(仮名)は、アメリカ合衆国ニューアーク国際空港から成田国際空港に、大麻草12グラムをチャック付き透明ビニール袋で2包に小分けした上、下着に隠して持ち込んだ。また、自宅で、大麻草6グラムを所持していた。

CASE6

有罪判決:懲役3年(執行猶予4年)

大麻:単純所持(268グラム)

金子さん(仮名)は、自宅で、大麻草268グラムを所持していた。

CASE7

有罪判決:懲役3年(執行猶予5年)

大麻:密輸入(496グラム)、単純所持(2グラム)

カメラマンをしていた森さん(仮名)は、インド・インディラ・ガンディ国際空港から成田国際空港に、大麻樹脂496グラムを透明ビニールラップで76包に小分けした上、57包を飲み込んで、残り19包をカメラの三脚に隠して持ち込んだ。また、自宅で、大麻草2グラムを所持していた。
裁判の日、森さんは事実を認めて反省し、法廷での証拠調べの結果、同棲相手の女性や元勤務先の会社役員が森さんの監督と更生への協力を誓約していることが判明した。
なお、森さんには、前科や前歴はなかった。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談