痴漢に強い弁護士

1.覚醒剤 (執行猶予例)

「覚醒剤で捕まってしまい、起訴されているが実刑を免れることはできるのか」「執行猶予になった実例を知りたい」

覚醒剤に関係する事件で起訴されてしまい、執行猶予にしてほしいとお考えの方へ。このページでは、過去の裁判において執行猶予になったケースについて紹介しています。

覚醒剤事件に強い弁護士に相談して、事件を早期解決しましょう。

CASE1

有罪判決:懲役1年6月(執行猶予3年)の実例

覚醒剤:使用

鈴木さん(仮名)は、自宅で、覚醒剤若干量を加熱し気化させて吸引した。

覚醒剤:使用、単純所持(0.03グラム)

田中さん(仮名)は、自宅で、 覚醒剤0.03グラムを所持し、これを加熱し気化させて吸引していた。

覚醒剤:使用、単純所持(0.5グラム)

佐藤さん(仮名)は、自宅で、 覚醒剤0.5グラムを所持し、これを加熱し気化させて吸引していた。

覚醒剤:使用、譲り受け(0.25グラム)

山本さん(仮名)は、停車中の自動車の中で、知人から、 覚醒剤0.25グラムを代金1万円で譲り受け、自宅で、これを加熱し気化させて吸引した。

覚醒剤:使用、譲り受け(0.25グラム)、単純所持(0.6グラム)

渡辺さん(仮名)は、停車中の自動車の中で、知人から、 覚醒剤0.25グラムを代金1万円で譲り受け、自宅で、 覚醒剤 0.6グラムを所持し、これを水に溶かして注射していた。

CASE2

有罪判決:懲役1年6月(執行猶予4年)の実例

覚醒剤:使用

高橋さん(仮名)は、氏名不詳者と共謀して、停車中の自動車の中で、 覚醒剤若干量を加熱し気化させて吸引した。

覚醒剤:使用

山田さん(仮名)は、自宅で、 覚醒剤若干量を加熱し気化させて吸引した。

覚醒剤:使用

吉田さん(仮名)は、自宅で、 覚醒剤若干量を水に溶かして注射した。

覚醒剤:使用、譲り受け(0.25グラム)、単純所持(0.1グラム)

佐々木さん(仮名)は、停車中の自動車の中で、知人から、 覚醒剤0.25グラムを代金1万円で譲り受け、自宅で、 覚醒剤0.1グラムを所持し、これを水に溶かして注射していた。

CASE3

有罪判決:懲役1年8月(執行猶予4年)の実例

覚醒剤:使用

井上さん(仮名)は、自宅で、 覚醒剤若干量を水に溶かして飲み込んだ。

CASE4

有罪判決:懲役2年(執行猶予3年)

覚醒剤:使用

木村さん(仮名)は、停車中の自動車の中で、 覚醒剤若干量を加熱し気化させて吸引し、約1か月後に再び、同様の方法で 覚醒剤を使用した。

CASE5

有罪判決:懲役2年(執行猶予4年)

覚醒剤:使用、譲り渡し(0.2グラム)、単純所持(0.3グラム)

斉藤さん(仮名)は、自宅で、 覚醒剤0.2グラムを代金2万円で譲り渡し、残った 覚醒剤0.3グラムを所持し、これを加熱し気化させて吸引していた。

覚醒剤:譲り受け(0.5グラム)、単純所持(0.1グラム)

加藤さん(仮名)は、宅配業者を介して、 覚醒剤0.5グラムを代金2万3000円で譲り受け、自宅で、 覚醒剤0.1グラムを所持していた。

覚醒剤:使用、単純所持(0.2グラム) 大麻:単純所持(7グラム)

伊藤さん(仮名)は、自宅で、 覚醒剤0.2グラム、大麻草・大麻樹脂7グラムを所持し、停車中の自動車の中で、 覚醒剤若干量を飲み干した。
裁判の日、伊藤さんは、事実を認めて反省し、今後は二度と違法薬物には手を出さないと誓った。また、法廷における証拠調べの結果、◎伊藤さんは、本件で逮捕されるまで、繰り返しこれらの違法薬物を使用していたこと、◎所持していた大麻草は、伊藤さん自らが栽培したものであること、◎伊藤さんの親族が、今後の監督と更生への協力を約束していることが判明した。
なお、伊藤さんに前科・前歴はなく、普段は社会人として真面目に働いていた。

覚醒剤:使用 大麻:単純所持(35グラム)

中村さん(仮名)は、飲食店の駐車場で、大麻草35グラムを所持し、走行中の自動車の中で、 覚醒剤若干量を水に溶かして注射した。

CASE6

有罪判決:懲役2年6月(執行猶予5年)

覚醒剤:使用、譲り受け(1グラム)

ラック運転手をしていた小林さん(仮名)は、宅配業者を介して、 覚醒剤1グラムを代金3万円で譲り受け、自宅で、これを水に溶かして注射した。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談