逮捕や懲役の刑期でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 1.覚せい剤 (執行猶予例)

1.覚せい剤 (執行猶予例)

CASE1

有罪判決:懲役1年6月(執行猶予3年)の実例

覚せい剤:使用

鈴木さん(仮名)は、自宅で、覚せい剤若干量を加熱し気化させて吸引した。

覚せい剤:使用、単純所持(0.03グラム)

田中さん(仮名)は、自宅で、覚せい剤0.03グラムを所持し、これを加熱し気化させて吸引していた。

覚せい剤:使用、単純所持(0.5グラム)

佐藤さん(仮名)は、自宅で、覚せい剤0.5グラムを所持し、これを加熱し気化させて吸引していた。

覚せい剤:使用、譲り受け(0.25グラム)

山本さん(仮名)は、停車中の自動車の中で、知人から、覚せい剤0.25グラムを代金1万円で譲り受け、自宅で、これを加熱し気化させて吸引した。

覚せい剤:使用、譲り受け(0.25グラム)、単純所持(0.6グラム)

渡辺さん(仮名)は、停車中の自動車の中で、知人から、覚せい剤0.25グラムを代金1万円で譲り受け、自宅で、覚せい剤0.6グラムを所持し、これを水に溶かして注射していた。

CASE2

有罪判決:懲役1年6月(執行猶予4年)の実例

覚せい剤:使用

高橋さん(仮名)は、氏名不詳者と共謀して、停車中の自動車の中で、覚せい剤若干量を加熱し気化させて吸引した。

覚せい剤:使用

山田さん(仮名)は、自宅で、覚せい剤若干量を加熱し気化させて吸引した。

覚せい剤:使用

吉田さん(仮名)は、自宅で、覚せい剤若干量を水に溶かして注射した。

覚せい剤:使用、譲り受け(0.25グラム)、単純所持(0.1グラム)

佐々木さん(仮名)は、停車中の自動車の中で、知人から、覚せい剤0.25グラムを代金1万円で譲り受け、自宅で、覚せい剤0.1グラムを所持し、これを水に溶かして注射していた。

CASE3

有罪判決:懲役1年8月(執行猶予4年)の実例

覚せい剤:使用

井上さん(仮名)は、自宅で、覚せい剤若干量を水に溶かして飲み込んだ。

CASE4

有罪判決:懲役2年(執行猶予3年)

覚せい剤:使用

木村さん(仮名)は、停車中の自動車の中で、覚せい剤若干量を加熱し気化させて吸引し、約1か月後に再び、同様の方法で覚せい剤を使用した。

CASE5

有罪判決:懲役2年(執行猶予4年)

覚せい剤:使用、譲り渡し(0.2グラム)、単純所持(0.3グラム)

斉藤さん(仮名)は、自宅で、覚せい剤0.2グラムを代金2万円で譲り渡し、残った覚せい剤0.3グラムを所持し、これを加熱し気化させて吸引していた。

覚せい剤:譲り受け(0.5グラム)、単純所持(0.1グラム)

加藤さん(仮名)は、宅配業者を介して、覚せい剤0.5グラムを代金2万3000円で譲り受け、自宅で、覚せい剤0.1グラムを所持していた。

覚せい剤:使用、単純所持(0.2グラム) 大麻:単純所持(7グラム)

伊藤さん(仮名)は、自宅で、覚せい剤0.2グラム、大麻草・大麻樹脂7グラムを所持し、停車中の自動車の中で、覚せい剤若干量を飲み干した。
裁判の日、伊藤さんは、事実を認めて反省し、今後は二度と違法薬物には手を出さないと誓った。また、法廷における証拠調べの結果、◎伊藤さんは、本件で逮捕されるまで、繰り返しこれらの違法薬物を使用していたこと、◎所持していた大麻草は、伊藤さん自らが栽培したものであること、◎伊藤さんの親族が、今後の監督と更生への協力を約束していることが判明した。
なお、伊藤さんに前科・前歴はなく、普段は社会人として真面目に働いていた。

覚せい剤:使用 大麻:単純所持(35グラム)

中村さん(仮名)は、飲食店の駐車場で、大麻草35グラムを所持し、走行中の自動車の中で、覚せい剤若干量を水に溶かして注射した。

CASE6

有罪判決:懲役2年6月(執行猶予5年)

覚せい剤:使用、譲り受け(1グラム)

ラック運転手をしていた小林さん(仮名)は、宅配業者を介して、覚せい剤1グラムを代金3万円で譲り受け、自宅で、これを水に溶かして注射した。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

麻薬事件のよくある相談

麻薬事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

覚醒剤・大麻等の麻薬事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間受付のフリーダイヤルだけでなく、LINEで相談窓口を設け土日や夜間でもで無料相談を実施しています。ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。(回答までお時間をいただくことがある点をご了承ください)

麻薬事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

麻薬事件のよくある相談

麻薬事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

覚醒剤・大麻等の麻薬事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間受付のフリーダイヤルだけでなく、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

麻薬事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)