逮捕や懲役の刑期でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 6.刑務所ガイド

6.刑務所ガイド

刑務所ってどんなところ?

裁判の結果、身体拘束を伴う刑罰が確定し、その刑に服することとなった人を収容する施設のことを刑務所(けいむしょ)といいます。刑務所は、受刑者(じゅけいしゃ)を収容し、改善更生、社会への円滑な復帰などを目的とする様々な処遇を行う施設です。

日本では、毎年3万人以上の受刑者が刑務所に入ります。刑務所では、なるべく似たようなタイプの受刑者を集めるために、法律で刑務所ごとの収容区分が決められています。これを収容分類(しゅうようぶんるい)といいます。

 

犯罪傾向が進んでいない者

犯罪傾向が進んでいる者

分 類

A 級

B 級

要 件

①刑務所受刑歴がない(あっても出所から5年以上が経過している)
②少年院入院歴は1回限り
③反社会的な集団に属したことがない
④犯行が偶発的である(計画的ではない)
⑤過去1年以内に薬物・アルコール依存がない
のすべてを持たす者

(A級以外の者)

刑務所での暮らし

起床

受刑者は、まず午前6時45分に起床します。その後、洗顔、トイレを済ませて、逃走者や健康不良者がいないかを確認する朝の点検を待ちます。

食事

給与される食事は、受刑者の体質、健康、年齢、作業の就業状況などを考慮して、必要な熱量が確保されています。昔に比べて、副食の種類やメニューは多様化が図られ、栄養量の確保と栄養改善に十分な気配りがされています。

入浴

入浴は、1週間に2回以上実施されています。この回数は、被拘禁者処遇最低基準規則に定められている「毎週1回」という水準を上回っています。また、夏は毎日の作業終了後に、体をふく時間をほとんどの施設が設けています。

面会

受刑者は、親族のほか、婚姻関係の調整などの重大な利害に係る用務処理のために面会が必要な人や、面会が改善更生に役立つと認められる人と面会をすることができます。また、手紙については、犯罪性のある人などを除き、手紙を送ったり、受けたりすることができます。

仮釈放ってなに?

刑期の3分の1を経過した受刑者が、自分の犯した罪に対して十分に反省をしていて、再び罪を犯すおそれがないと判断された場合に、刑期を満了するより前に釈放される制度を仮釈放(かりしゃくほう)といいます。実際は、刑期の3分の2を過ぎたことから仮釈放されることが多いようです。

仮釈放は、更生の意欲や反省の様子、家族などの身元引受人がいるかどうか、再び罪を犯すおそれはないかなどを、担当者との面接によって総合的に審査されて決められます。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

麻薬事件のよくある相談

麻薬事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

覚醒剤・大麻等の麻薬事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間受付のフリーダイヤルだけでなく、LINEで相談窓口を設け土日や夜間でもで無料相談を実施しています。ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。(回答までお時間をいただくことがある点をご了承ください)

麻薬事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

麻薬事件のよくある相談

麻薬事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

覚醒剤・大麻等の麻薬事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間受付のフリーダイヤルだけでなく、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

麻薬事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)